耐震構法SE構法

耐震構法 SE構法

テラジマアーキテクツが早い段階からその考えを理解し、標準採用としてきた耐震構法SE構法。
このページではテラジマアーキテクツの家づくりに欠かせないこのSE構法について説明致します。
テラジマアーキテクツは、SE構法の施工資格を持つ工務店の中でも選ばれた会社しか与えられない
「木の家プレミアムパートナーズ」のパイオニアとして、誇りと自信を持っています。

木の家プレミアムパートナーズ 重量木骨の家
>> 木の家プレミアムパートナーズとは

耐震構法SE構法とは?

「耐震構法SE(Safety Engineering)構法」の名の通り、
耐震性に優れ、工学的に安全な構法。

「地震や台風などを考慮し、厳密な構造計算を行うこと」、「使う材料が強度基準を満たしていること」、「設計通りの精度で確実に施工出来ること」。安心・安全な家づくりに欠かせない、これらの条件を満たすべく誕生したのが「耐震構法SE構法」です。
SE構法は、柱と梁で構成される木造軸組工法です。強度や品質に優れた構造用集成材と独自の接合金物を用い、強靭な構造躯体を組み上げます。日本に住み続ける限り、いつか必ず地震や台風はやってきます。
一般の木造住宅と異なり、接合部や構造部材の強度や挙動が把握できるため、SE構法を用いた建物はすべて構造計算が可能になります。通常木造の建物では行わない構造計算を一棟一棟行う事によって、あらかじめ地震の揺れや風の力を想定し、それに耐えうる性能を持った住宅づくりを可能にしています。住宅は、土地の周辺環境や立地条件によってそれぞれ異なるため、SE構法では全棟を構造計算を実施。きちんと構造計算を行って造り上げるSE構法は、驚くほどの高強度であり、住宅性能表示制度では最高ランクである耐久度数「3」の評価を受けています。
耐震構法SE構法

木造住宅最大の大空間・大開口

テラジマアーキテクツは多くのお客様から、空間を最大限に生かしたデザインに高い評価を頂いております。吹き抜けやコートヤードなど、開放感のあるデザインが特徴のテラジマアーキテクツの家。これを実現できるのも、SE構法を採用しているから。柱と柱の間に差し渡す梁の距離を「スパン」と呼びますが、SE構法は木造住宅では困難とされている9メートルのスパンを可能にしています。スパン9メートルとは「クルマ3台が停まるビルトインガレージ」を柱なしでつくれる大きさといえば、そのスケールが想像していただけるでしょう。これだけの大胆な構造を、耐震性の裏付けをもって実現できることから、SE構法ならではの自由な空間が生まれます。
SE構法 在来構法

長期優良住宅

長期優良住宅の思想が浸透してきました。永く住める家は、中古流通を通じて社会に貢献でき、地球環境的にも好ましいもの。これは欧米諸国のような「成熟社会における、家本来のあり方への移行」とも考えられます。こうした思想を先駆的に体現してきたSE構法だからこそ、長期優良住宅の認定取得が容易に行えます。
滅失住宅の平均築後年数の国際比較

ライフスタイルに合わせ間取りを変える事が出来るのが、
スケルトン & インフィルの考え方です。

竣工当時より、家族構成は次第にかわっていくものです。
そんな時、今ある間取りに生活を合わせるのではなく、家を私達のライフスタイルに合わせる。右の図の様に、SE構法では緑の壁以外は自由に取り外したり、付け加えたりが比較的容易にできます。これは、資産価値の向上にも繋がるSE構法の「性能」の1つです。
スケルトン インフィル

SE構法の性能のひみつ

構造計算

建築基準法では2階建て木造住宅は構造計算が必須とされていないため、一般的な木造住宅では壁量計算と呼ばれる簡易的なチェックしか行われていないのが実情です。しかしSE構法は構造設計のプロが全棟を構造計算しています。構造計算を実現するには、構造を構成するすべての部材の強度がわかり、接合部に強度の基準を持つことが必要です。SE構法では信頼性の高い材料のみを使用し、接合部の強度を実験等で検証。それらのデータを元に、立体解析構造計算プログラムを用いて、全ての家の安全性を証明しています。
1.一棟一棟構造設計のプロが構造計算。 2.立体解析構造計算プログラム 3.『重量木骨の家 SE構法性能報告書』

集成材

コンピューター制御による高精度プレカットによって作られるエンジニアリングウッド( JAS構造用集成材 )を木骨として採用。天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的に高い強度を実現。また、柱や梁に使われる集成材は、それを構成するひき板一枚一枚、柱梁一本一本の強度が検査されています。安定した品質が構造計算を可能にし、大規模構造建築物をも可能にします。また、揺れに対する強度だけでなく炎にも強いSE構法の集成材は45分間燃焼し続けても、表面部分は燃えますが、災害時の安全性は確保する事が出来ます。
1.基準を満たした素材だけを厳選して製造  2.集成材の強度分布  3.ホルムアルデヒト放散量データ

SE金物

一般的な木造住宅は、接合部に柱や梁をホゾ継ぎするため、断面欠損をまねき構造材本来の強度を低下させてしまいます。SE構法は、大きな揺れに対して接合部が破壊されない技術を追求。独自開発のSE金物を使用した断面欠損の少ない構造によって柱と梁とを接合し、優れた耐震性能を実現しています。地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて、全棟Sボルトを採用しています。Sボルトは、従来の金物工法の課題を克服するために開発された特殊なボルトです。表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって、引張剛性が向上。通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより、ラーメン構造を実現しています。
1.断面欠損が少なく構造材本来の強度を強くする  2.高強度だけでなく経年による乾燥・収縮にも強いSボルト   3.在来工法の約 9.5 倍の引き抜き耐力がある SE 構法の柱脚金物

SE構法 信頼の品質

設計技術だけでは、品質は保たれません。

構造計算をするには、品質基準や性能が明確であることとトレーサビリティ( 流通経路の追跡 )が条件となります。そのため、品質協定を結んだ指定プレカット工場からのみ供給を行い、供給された構造部材の品質管理の証として「出荷証明書」が発行されます。
また、SE構法の構造設計の際に使用されるSE-CADは、性能情報を取り込んだSE構法専用のCADです。このSE-CADの構造設計データはそのまま指定プレカット工場へ送られプレカットデータと連動するため、正確な情報が反映されます。プレカットはコンピュータ制御の下、設計図通りにミリ単位の精度で加工されるため、水平・垂直を寸分違わぬように組み立てることが可能です。高い安全性能をお約束するために、どこよりも厳格な精度品質を求めています。
トレーサビリティ

耐火建築物にも対応可能

防火地域でも木造建築は可能です。

都市の中心市街地や主要駅前、主要幹線道路沿いなど…
大規模な商業施設や多くの建物が密集し、火災などが起これば大惨事になりかねない地域では、建物の構造を厳しく制限して防災機能を高めることが求められており、この地域には耐火建築物(または準耐火建築物)しか建設ができません。
耐火建築物といえば鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの建築物が一般的によく知られており、木造建築は出来ないと思われがちでありますが、大臣認定をうけた構造方式を用いる事で防火地域でも木造建築は可能になります。
テラジマアーキテクツには「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会」を修了した建築家が在籍している為、防火地域での耐火建築物もご対応可能です。是非お気軽にお問い合わせください。
防火地域内の建築制限

まずは建築家作品集のご請求を 資料請求はこちら 高いデザイン性、耐震性、省エネ住宅のことならテラジマアーキテクツへ

このページの先頭に戻る