新着情報 〜What'sNEW〜

2011.2【受賞歴】SOWEデザインアワードでグランプリを受賞しました

「SOWEデザインアワード」(株式会社NCN主催)でグランプリを受賞しました

sowe%E3%83%AD%E3%82%B4-400.jpg

s-sike217161737.jpg

2010年行われた、【SOWEデザインアワード】において、弊社池田が所属するプレゼンテーショングループ『目黒でつくる都市型3階建はどこまでパッシブな暮らしを実現できるか』が、グランプリを獲得しました。
このプレゼンの内容は、「ソトコト」にて掲載されます。

またSOWEデザインプロジェクトの全国大会や、重量木骨プレミアムパートナー総会でもプレゼン致しました。

〈授賞式の様子〉

s-sP1010017.jpg
s-sP1010019.jpg
s-sP1010021.jpg

〈総会の様子〉

s-s%E5%85%A8%E4%BD%93_IGP7456.jpg


◆◆


SOWEデザインとは


昔の人たちは、ごく自然にエコな暮らしを営んでいました。
夏に涼しく、冬は暖かい「木の家」で。そんな生活が、いま見直されています。
冷房や暖房を使って環境に負荷をかけるのではなく、家の建て方そのものを工夫して、心地よい暮らしを実現できないか。
郊外や都市部といった立地にかかわらず、自然と共生する住まいを建てられないか。
その答えが、SOWE Design(ソーウィーデザイン)です。


自立循環型住宅とは

近年、省電力の製品や低燃費の車など限りある資源を有効に使う為、色々な分野で環境に配慮した取り組みが見られるようになりました。
これは住宅業界でも同じで節水型の設備機器、太陽光発電パネルなど多くの省エネ製品が販売されています。
確かに設備機器で省エネを行うことは重要かもしれません。しかし、本当にそれだけでいいのでしょうか?春の心地よい風、冬の暖かな日差し、夏の厳しい暑さ。日本には四季があり、先人はこの季節の変化と上手に付き合いながら快適な暮らしを求め、気候や敷地特性などの立地条件を判断しその土地にあった建物を建てることを行ってきました。

自立循環型住宅とはこの気候風土、敷地特性等の住宅の「立地条件」及び「住まい方」に応じて極力自然エネルギーを活用した上で、建物の設備機器の設計や選択に注意を払うことによって、居住性や利便性の水準を向上させつつも居住時のエネルギー消費量を削減しようという考え方の住宅です。

例えば心地の良い風の季節に家の中に風を通し溜まった熱気を外に逃がそうとします。
地域ごとによって季節ごとに吹く風の方向は違います。その季節のその地域で一番良く吹く方向の風を卓越風といいます。より効率よく風を取り込む為にはこの卓越風の方向に向けて窓を開ける必要があります。また、入り口と同様に出口も作らなければ風は抜けません。実は風の入り口よりも出口側の窓が大きいと建物の中を抜ける風は強くなります。同じ風でもアスファルトの道路を通ってきた風よりも緑や川の上を通ってきた風のほうが心地が良いこともあります。しかし、都市化した街の中では隣家があるなど必ずしも卓越風側に窓を設けることが出来ない場合もあります。そのような場合は袖壁を設けたりして風を呼び込む工夫をします。家の一番高い位置に窓を設け熱気を抜くという方法も有効です。

例えば昼間に人工照明の無駄な点灯をしないことも省エネルギーの一つです。
窓の面積が同じでも縦長の窓より横長の窓のほうが部屋全体の照度の均一性が高かったり、窓の形が同じでも取り付けられる位置が高ければ高いほど部屋全体の照度均一性は高まります。北側の部屋や隣棟間隔が狭い都市の場合は光井戸や光庭などを設けることも重要になります。ただし、窓を大きく開ければいいと言うわけでもありません。夏場にはその日差しが家の中を暑くする原因となります。庇や屋根、ルーバーなど日差しを調整するものを取り付ける設計が必要になります。庇の軒裏などを反射率の高い仕上げにすると直接の日射を遮りつつも部屋の明るさは確保できたりします。


例えば暖房に頼らず部屋を暖めることが出来れば無駄なエネルギーを消費しなくて済みます。暖房が必要な冬場の太陽の角度を計算し、建物の中により多く導くことは勿論、その得た熱エネルギーを溜め込む為に熱容量の大きな仕上材を採用することも重要です。
また一度温まった室内からエネルギーを逃がさない為に建物の高断熱高気密化を行うことはもっとも重要な要素です。

こういった設計の手法を取り入れつつ設備計画にも気を使うことでより省エネルギーで環境負荷の少ない住宅を作ろうという考え方です。

SOWEデザインアワードについて

自立循環型住宅の考え方を使った建物の設計を行う設計事務所や工務店などが集まり、より良い住まいについての勉強をする集まりがあります。
この集まりで、自立循環型住宅の設計をSOWEデザイン(Sun & Wind Energy design )と題し、設計競技を開きました。設計の実務者同士が意見を交換し合いながら設計をすすめ、作り上げた設計案をもとに競い合いました。
このSOWEデザインアワードでグランプリを受賞いたしました。


▼詳しくはこちらもご覧ください▼

SOWE Design


▼SOWEアワードの様子はこちらからもご覧ください▼

SOWEアワード2010(NCN社員ブログへのリンクです)


◆◆






re320-110107-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%9B%B3-%E6%96%AD%E9%9D%A2.jpg
パース図面・断面


re320-110107-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%9B%B3-%E5%8D%97%E8%A5%BF.jpg
パース図面・南西

まずは建築家作品集のご請求を 資料請求はこちら 高いデザイン性、耐震性、省エネ住宅のことならテラジマアーキテクツへ

このページの先頭に戻る