「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

新着情報

2021.5.21

【More Life Lab.】快適な書斎のかたちを考える。

一覧へもどる

建築家が住まい手に合った自由な家づくりのアイデアを語るウェブマガジン「More Life Lab.」に、新しい記事を掲載しました。
前回につづき、今回も「家で働く」をテーマに、最近ニーズが高まる「書斎」の作り方について取り上げています。

家でどう働く? “個を確立する”ワークスペースの考え方

かつて書斎といえば、書庫とデスクを備えた個室、というのが一般的でした。
その後、子どものリビング学習や家事の合間の作業を目的として、リビングやダイニングにワークスペースを作る事例が増えました。

しかし、コロナ渦でオンライン会議や授業など、PC越しのコミュニケーションの機会が増えたことで
これまでの作り方では不足を感じる場面が出てきています。
ワークスペースや書斎を作るには、空間に余裕がどれだけあるか、という問題の前に
「どれだけの時間、どのような使い方をして過ごす場所か」という目的が重要です。
完全在宅勤務で一日中会議に追われている方と、子どもを見ながら短時間の事務作業をする方、
オンライン講座を受講するなどインプット中心の方では、防音性能や広さなど、要件が変わってくるためです。

さて、あなたの暮らし方、働き方に合った書斎のかたちは?
記事を読んでイメージを膨らませていただければ幸いです。

ーーーー
◆SNS更新中です!

・Facebook→こちら
・instagram→こちら
・pinterest→こちら
・LINE@はバナーをクリック
友だち追加

目黒区東が丘, 東京都, JPのHouzz登録専門家terajimaarchitects

&nbsp

loading