「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

耐震構法・SE構法

テラジマアーキテクツが早い段階からその考えを理解し、標準採用としてきた耐震構法SE構法。テラジマアーキテクツは、SE構法の施工資格を持つ工務店の中でも選ばれた会社しか与えられない「木の家プレミアムパートナーズ」のパイオニアとして、誇りと自信を持って建物の施工を行います。

耐震構法SE構法とは?

「地震や台風などを考慮し、厳密な構造計算を行うこと」、「使う材料が強度基準を満たしていること」、「設計通りの精度で確実に施工出来ること」。安心・安全な家づくりに欠かせない、これらの条件を満たすべく誕生したのが「耐震構法SE構法」です。
SE構法は、柱と梁で構成される木造軸組工法です。強度や品質に優れた構造用集成材と独自の接合金物を用い、強靭な構造躯体を組み上げます。日本に住み続ける限り、いつか必ず地震や台風はやってきます。
一般の木造住宅と異なり、接合部や構造部材の強度や挙動が把握できるため、SE構法を用いた建物はすべて構造計算が可能になります。通常木造の建物では行わない構造計算を一棟一棟行う事によって、あらかじめ地震の揺れや風の力を想定し、それに耐えうる性能を持った住宅づくりを可能にしています。住宅は、土地の周辺環境や立地条件によってそれぞれ異なるため、SE構法では全棟の構造計算を実施。きちんと構造計算を行ってつくり上げるSE構法は、驚くほどの高強度であり、住宅性能表示制度では最高ランクである耐久度数「3」の評価を受けています。

SE構法が耐震性能に優れている理由

SE構法が地震に強い最大の理由は「構造計算」というシステムです。一般的な木造住宅では簡易的なチェックしか行われていないのが実情ですが、SE構法は構造設計のプロが全棟を構造計算しています。構造計算するにはすべての部材の強度がわかり、接続部に強度の基準を持つことが必要です。信頼性の高い材料のみを使用し、接合部の強度を実験等で検証。それらのデータを元に、SE構法では立体解析構造計算プログラムを用いて、すべての家の安全性を証明しています。
SE構法に使われる木材は、基準を満たした素材を厳選して製造された集成材。天然木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割れ、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的に高い強度を実現したものです。また、強度だけでなく炎にも強いのも特徴です。45分燃焼し続けても、表面部分は萌えますが災害時の安全性は確保することができます。
また、独自開発のSE金物を使用することでも、優れた耐震性能を実現しています。一般的な木造住宅は、接合部に柱や梁をホゾ継ぎするため、断面欠損をまねき構造材本来の強度を低下させてしまいます。SE構法は、断面欠損の少ない構造によって柱と梁とを接合し、大きな揺れに対して接合部が破壊されない技術を追求しています。

SE構法で自由度の高い空間を実現

テラジマアーキテクツは多くのお客様から、空間を最大限に生かしたデザインに高い評価を頂いております。吹き抜けやコートヤードなど、開放感のあるデザインが特徴のテラジマアーキテクツの家。これを実現できるのも、SE構法を採用しているから。柱と柱の間に差し渡す梁の距離を「スパン」と呼びますが、SE構法は木造住宅では困難とされている9メートルのスパンを可能にしています。スパン9メートルとは「クルマ3台が停まるビルトインガレージ」を柱なしでつくれる大きさといえば、そのスケールが想像していただけるでしょう。これだけの大胆な構造を、耐震性の裏付けをもって実現できるのです。木造住宅最大の大空間・大開口をつくることで、今まで以上に自由な空間が生まれます。
また、竣工当時より、家族構成は次第にかわっていくものです。そんな時、今ある間取りに生活を合わせるのではなく、家を私達のライフスタイルに合わせることもSE構法なら可能です。例えば間仕切り壁を自由に取り外したり、付け加えたりすることが比較的容易です。これは、資産価値の向上にも繋がるSEE構法の「性能」の一つです。

loading