「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

眺望の家

眺望を第一に選んだというお施主様の言葉通り、遥か遠くまで見渡せる丘の上の邸宅。大きく広がる空と景色を愉しむための空間であり、お施主様の仕事場を兼ねた住宅でもあります。タイルと石で張り分けたボックスとスリット状の開口部でデザインされたファサード。

竣工
2015年10月
場所
神奈川県横浜市
敷地面積
257.62 ㎡
延床面積
168.99 ㎡(51.1坪)
基本性能
耐震構法SE構法・外断熱の家

Awards

「住まいの環境デザインアワード2017」東京ガス賞受賞

サクラと空が出迎える玄関

玄関ホールの正面には桜並木が広がり、階段に沿って視線を上げるとそこには大きな空が広がります。景色が映り込むように、床は鏡面タイルの仕上げとしています。

大開口の吹抜のリビング

主役である空とみどり桜並木を愉しむため、リビングは2層分の吹抜空間。開口部は最大限にまで大きく取っています。2階への階段は踊り場で折り返すと吹抜空間に出てくるよう配してあり、視点の変化が楽しめる動線になっています。

縦横に広がるLDK

リビングスペースはわずかに床を下げて変化を付け、通常の天井高であるダイニングとキッチンが連続し、大面積ながらも変化のある空間に。開口部の窓台部分には、段差を活かしてTV台としても機能するように配線が仕込まれています。

建物を囲むデッキスペース

外周に巡らされたデッキスペースに出れば目の前には桜の木。この敷地でしか味わえない開放感を最も感じられる場所になっています。

シアタールームも兼ねる和室

シアタールームとしても機能させるために、細かな工夫を凝らした和室。横に細長く切られた開口部には、障子の代わりに和紙を貼った戸襖を用い、光を完全に塞ぐために特別なディテールとしました。

ガラス張りのバスルーム

大きな開口部とガラスで区切られた水廻り空間はシンプルに白でまとめて、オープンな洗面カウンターをアクセントに。見せる収納と見せない収納を分けて、収納力と使い勝手を両立させています。

loading