「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

景色を取り込む二世帯住宅

1階にお施主様、2階に子夫婦世帯が住む二世帯住宅。南側の広々とした景色を取り込む為、各世帯に大開口サッシを設けた開放的なLDKをつくりました。モダンをベースに和の要素を点在させたデザインは上質で落ち着きのある雰囲気に。そして機能的な動線にも配慮し、いつまでも快適に安心して暮らしていただける住まいに仕上げました。

竣工
2017年12月
場所
東京都
敷地面積
499.97 ㎡
延床面積
352.47 ㎡(106.62坪)
基本性能
耐震構法SE構法・外断熱の家

Awards

LIXILメンバーズコンテスト2018 新築部門地域優秀賞 受賞

高台の景色を楽しむ大開口LDK

建築地が高台ということもあり、絶景をのぞむことが出来る2階のLDK。家族で囲めるL字型のダイニングテーブルは、キッチンにいながらも一緒にダイニングテーブルを囲んでいるような感覚を与え、心地良い距離感で過ごせます。LDKと階段ホールの間に和モダンの演出を施した坪庭を設け、坪庭に差し込んだ光が室内に溢れます。またリビングの一角にはワークスペースを配し、家族の気配を感じながら作業が可能。大開口のほかにも、空や周辺の緑を室内に取り込むスリット窓を効果的に配置した、明るく開放感のある空間です。

美しい庭をのぞむリビング

1階のリビングからは美しい庭をのぞむことができます。庭のグリーンが外部の視線を遮る役割も果たしつつ、住まいと日々の暮らしに彩りを添えます。モダンな装いの室内に比べ和を感じられる庭は、間にウッドデッキを設けることでモダンな装いに馴染む心落ち着く空間となりました。

坪庭からの光が差し込むスケルトンの階段

スケルトンの階段は坪庭からの光が差し込みさらに開放感を感じられる空間です。夕暮れ時にはライトアップにより非日常的な空間を演出してくれます。

玄関ホールに設けられた和室

玄関ホールに設けられた和室は、シンプルなデザインながら壁や天井、それぞれの質感により趣のある空間に。

loading