「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

縦横に広がる家

敷地は間口が狭く奥に広がる変形地。その形状に合わせ、かつ広がりを感じられる間取りとなるようプランニングしました。
家族が集まるリビング・ダイニングは、高い吹き抜けのある大空間。高い壁を立てたバルコニーに面していることで、プライバシーを確保しながら開放的な空間に仕上げました。また、来客用にと車を3,4台格納できるようにした大きなガレージも、耐震構法SE構法ならではの大空間です。
道路へは閉じ中に入ると空間が大きく広がる、安心して豊かな暮らしを楽しめる都市型住宅の実例です。

竣工
2020年6月
場所
東京都目黒区
敷地面積
151.77㎡
延床面積
282.98㎡
基本性能
耐震構法SE構法・外張り断熱

ルーバーが目を引くモノトーンの外観デザイン

全体をダークトーンでまとめながら、人の手・目線の届く軒天井に木を、壁面に自然石を用いて馴染みやすいスケール感にしています。
建物の開口部を覆うように設けられたルーバーは、モノトーンのシンプルな外観デザインのアクセントであると同時に、外部からの視線を緩やかに遮る役割を果たしています。

内外の繋がりを感じられるガレージのデザイン

愛車をゆったりと納められる大きめのガレージ。
板張りの天井を採用し、内外の繋がりと居心地の良さを考慮しました。
ガレージの隣にはご主人のオフィスがあり、生活動線に干渉せず来客を迎えられる構成となっています。

青空を望める開放的なリビング・ダイニング

喧騒から逃れるために周囲に対しては閉鎖的に、内部はバルコニーを含む大きな吹抜け空間とすることで、天候・気候を感じられる贅沢なリビング・ダイニング空間に。
縦横に広がりのある大空間です。

機能的な背面収納を備えたモダンなキッチン

3人の娘さんと一緒に使えること、来客時に生活感を出さないようにしたいというご要望をもとにデザインしたキッチン空間。アイランドキッチンには極々微細な手触りの違いにもこだわり、入手の難しいセラミックの天板を採用しています。
また、幅2メートルのバックセット(背面収納)は特殊な金物を用いてダイナミックに開閉する仕様とし、使いやすさと閉じたときに美しく見えることの両方を叶えました。

壁面収納を備えた玄関ホール

プラン上コンパクトになったエントランスホールは、収納らしさを排除した壁面収納をデザインし、必要な収納量を確保しました。
光沢のある白い大判タイルを床に敷き、突き当りの壁面には間接照明が灯る飾り棚を設置。上質で華のある空間に仕上げています。

華やかなセラミック天板を取り入れた洗面

ゆったりと使える大きなワンボウル洗面は、天板から水返しの壁面にかけて1枚板のセラミックをあしらい、おおらかなデザインに。
また、印象的な大理石調のデザインの天板は床のタイルと色柄のテイストをそろえることで、洗面室全体の統一感を出しています。

loading