「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

開放する家

世田谷区の閑静な住宅街に建つ、3階建ての邸宅。「要塞のようなボリュームのある住宅にしてほしい」というご主人の希望から計画された、内に開き外に閉じた「都市型住宅」型のプランです。
いわゆる住宅らしい住宅が多い街並みとご希望との調和を図るべく、外壁の色や材料、門扉廻りの高さは何度も打ち合わせを繰り返し決定に至りました。ファサードはフレームや塀を使用し垂直面を間口一杯に広げ建物ボリュームを演出し、近隣に対しては圧迫感を避けるよう程よい色調を選択しました。

2階に広がるリビングは広いバルコニーと接続し、アウトドアリビングとして活用できます。アイランドキッチン~プレイルームは区切る案もありましたが、将来的な用途や可変性、なによりも隔てのない広い空間を優先しパーテーションを設けず一体化させ、プレイスペースという位置づけで使用するようにしました。キッチン脇のスタディールームは帰宅してから自然と机に向かえるように扉や天井までの壁は設けず、柔らかなつながりを持たせるために木ルーバーを設置し、空調効率の妨げにならないようにプランを行いました。

 3階の子供部屋からアクセスできるリビング上部の本棚スペースはスチールの開放的な手摺で区切られている為、リビングと上下のコミュニケーションが容易に取れます。家族がそれぞれ自由に居場所を作れる、そんな住まいです。

竣工
2019年12月
場所
東京都世田谷区
敷地面積
149.08㎡(45.1坪)
延床面積
180.70㎡(54.6坪)
基本性能
耐震構法SE構法・外断熱の家

中庭に面した開放的なダイニング

手前に中庭、奥にバルコニーと二層の屋外空間に面したダイニングは開放感抜群。中庭とバルコニーは高い壁に囲まれているため、外からの視線が届く心配がありません。シンプルモダンなインテリアの中で目を引くのはVerpan(ヴァーパン)のSpiralというシャンデリア。 空間に華やぎを添えています。

バルコニーに隣接した吹き抜けリビング

高さのある吹き抜け、フラットにつながるバルコニーの効果で縦横に広がりを感じられるリビングルーム。テレビ背面のアクセントウォールは間接照明との組み合わせにより重厚感が出る石張りを選択しています。テレビは壁掛け、収納は宙に浮いたようなデザインで造作し、すっきりと仕上げました。

キッズスペースを見守るキッチン

アイランドキッチンはシンプルなグレーのワントーン。収納の扉や天板、側面もすべて同じ素材でそろえることで、隙のないソリッドな印象になりました。無垢材のフローリングが優しい雰囲気の空間を引き締めています。
キッチンの前にはお子様のためのプレイスペースがあり、料理をしながら様子を見たり、会話を楽しむことができます。

ロフトは家族のフリースペース

リビングの吹き抜けにはロフトを設け、家族共有のフリースペースに。本棚を置いて読書を楽しむ書斎スペースとして活用しているほか、機器を置いてトレーニングをしたり、お子様が友達との遊び場にしたりと、フレキシブルに役割を変える場所です。

中庭に開けた明るい玄関ホール

ドアを開けると目の前に中庭が広がる、明るい玄関ホールです。階段ホールを兼ねる玄関では、圧迫感のないスケルトン階段を採用しました。床には土間も含めて同じ大判タイルを敷き詰め、シンプルにまとめました。

洗練されたサニタリールームのデザイン

壁や洗面台の天板、収納扉の面材など、一つ一つの素材に重厚感のあるものを選択してシックに仕上げた洗面室です。間接照明を用いてミラーが浮き上がるように見せるなどの工夫で、ホテルライクな洗練された雰囲気を演出しています。

LDKと緩くつながるスタディルーム

LDKの一角に設けた書斎スペース。仕事や勉強に、家族で共用できる空間です。帰宅して自然と机に向かえるようにと出入口には扉を設けず、ルーバーからダイニングの様子が望めるようにするなど、常にリビングダイニングにいる家族の気配を感じられるようデザインしました。

建物と壁に囲まれたプライベートテラス

リビングに隣接したバルコニーは、建物と壁に囲まれたプライベートな屋外空間。広さも十分に確保し、大人の寛ぎからお子様のプール遊びまで、さまざまな用途に活用できるようにしています。室内とほぼ段差なくつないだことで、リビングと一体の空間として違和感なく過ごせるようにしています。

loading