「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

緑と空を楽しむシンプルモダンの家

建築地は都心の静かな住宅街の一角にある袋小路の土地。
「眺める中庭」と「寛ぐバルコニー」の二層の屋外空間を囲む、防犯性・開放性に優れたプランが特徴の邸宅です。

屋外でありながら建物に囲まれた空間である中庭とバルコニーには、近隣の建物からの視線は届きません。邸宅のほとんどの窓を中庭・バルコニーに向かって開くよう設定することで防犯性を高めました。

中庭にはシンボルツリーを植え、室内から緑を愉しめるように。
バルコニーはゆったりと奥行きを確保し、セカンドリビングとして活用できるよう計画しています。
これらの屋外空間は、忙しい日々の暮らしにおいても、非日常を楽しみたい休日にも、毎日のあらゆるシーンに光と緑を届け、豊かな時間を演出する役割を担っています。

インテリアは白を基調とした軽やかなシンプルモダンスタイル。
空間の差し色となるキッチンや階段、アクセントウォールにはブラウン、グレーなどの柔らかい色味を採り入れて、エレガントで優しい印象に。床には主にタイルを用いて、上質で華やかな雰囲気に仕上げました。

竣工
2021年8月
場所
東京都目黒区
敷地面積
143.93㎡
延床面積
162.86㎡
基本性能
耐震構法SE構法・外張り断熱

広がりを感じるL字型リビングダイニング

バルコニーとつながる、2階のリビング・ダイニング。
南・西面には、空間に光と風を届ける大きな窓が連なり、バルコニーや中庭を眺めることができます。隣地と接する東面には、視線の届かない高窓やスリット窓を設けることで「抜け」を作り、壁の面積が広くても圧迫感を感じさせない工夫を施しました。
リビング部分の折り上げ天井も、空間に更なる高さと広がりをもたらしています。

ショーケースのようなアイランドキッチン

ショーケースのようなガラス棚を備えたアイランドキッチン。
ブラウンの色付きガラスを扉に使用し、シックで華やかな印象に仕上げています。

棚に飾ったお気に入りの食器がより美しく見えるよう、内部にスポットライトを設置しました。

建物に囲まれたバルコニー

リビングと隣接したバルコニーは、奥行きがありアウトドアリビングとして活用可能。
建物に囲まれていますが、壁の一部にすりガラスの窓を作ることで閉塞感を感じさせない工夫をしています。

中庭、バルコニーの二層の屋外空間は階段状に並んでおり、手摺の下には中庭を見下ろすことができます。

2階階段ホールからバルコニーをのぞむ

バルコニーと中庭は邸宅の中心にあり、ほぼすべての空間の窓が面しています。
近隣の目が気になると、窓やカーテンを開けるのをためらってしまいますが、この邸宅のように「内側に開く」構成とすることで、カーテン不要の開放的な空間を作り出すことができます。

こちらは2階階段ホールからの眺め。
緑や青空のほか、バルコニーで寛ぐ家族の様子を見ることができます。

中庭の緑をのぞむ瑞々しい玄関ホール

扉を開くと目の前に広がる緑。
玄関ホールの壁にはガラスやタイルを張り、瑞々しい景色を更に引き立てました。
階段のささらの部分は空間全体のトーンに合わせたグレーの塗装とし、優しい雰囲気に仕上げています。

loading