「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

アウトサイドリビングと中庭のある家

計画地は近接した隣家に囲まれた敷地。プライバシーを守りつつも、充分な採光と通風を確保することが課題でした。そこで、大きな開口部は建物中央の中庭に面するよう計画し、隣家との境には木調のルーバーを設けて視線を遮りながら、光や風を通す工夫をしました。二階のリビングダイニングは大開口とハイサイドライトから光が降り注ぐ、開放的な空間になりました。また、リビングに隣接した広々としたバルコニーはアウトサイドリビングとしても活用できます。植栽やルーバー、すりガラスを上手に活用し、プライバシーを守る工夫をすることで、家族団らんのスペースとなるよう計画しました。他人の視線を気にせず家族が心からくつろぐことのできる、快適な住宅が出来上がりました。

竣工
2013年11月
場所
東京都練馬区
敷地面積
149.96 ㎡
延床面積
197.06 ㎡(59.6坪)
基本性能
SE構法・充填断熱

こぼれる光が美しい夕景の中庭

夕景。建物の大きな開口部は中庭に面しています。こぼれる光が美しく、昼間とは違った趣があります。

開放感あふれるリビングダイニング

二階リビングダイニング。ご覧の通り、明かりをつけなくても大開口から終日充分な光が入り、心地の良い空間です。

吹き抜けからリビングを見下ろす

約8.5帖の吹抜けがリビングに開放感をもたらし、ハイサイドの窓からも光が降り注ぎます。高さのあるダイナミックな空間。

広々としたアウトサイドリビング

リビングから繋がる大きなバルコニーは開放感を与えると同時に、家族団らんのための場所にもなります。ルーバーや植栽が外部からの視線を上手く遮りつつ、目にも心地よい演出として機能しています。

和室から中庭をのぞむ

1階和室は廊下を挟んで中庭に面した配置となっています。まるで額縁のような障子の間から垣間見えるのは、ご覧の通りのモダンな景色。

loading