TERAJIMA ARCHITECTS

お施主様の
趣味や性格を表現することが
完成度につながる

建築家

(左から)竹沢 孝浩、鴨下 菜穂

お客様の思い描いているイメージを具現化し、より良い家になるようさまざまな提案をいたします。

建築家の役割とは

(竹沢)契約を終えられたお客様と具体的にどのような家をつくっていくのか打ち合わせを進めていくのが私たち建築家の仕事になります。お引渡しまでの長い期間、密にやり取りをさせていただきます。お客様の思い描いているイメージを具現化し、さらにより良い家になるようさまざまな提案をいたします。

(鴨下)その際は、とにかく自分のエゴを出しすぎないということを心掛けています。しかし、お施主様の要望をそのまま形にしようとすると、どうしてもちぐはぐになってしまう部分があります。そこが私たちの腕の見せどころです。お施主様が求めるもの伺いながら、建築家としての知見を加え具体的なクリエイションに落とし込むわけです。その際は、どうしたらお施主様の満足度につながるかを常に考えています。

テラジマアーキテクツについて

(鴨下)テラジマアーキテクツの家には、それぞれ建築家の色というものはあります。むしろそれがなければつまらないものができあがってしまいますから。

(竹沢)もちろん、どの家も外張り断熱工法やSE構法など、基本的な性能を持たせています。それはほかの企業のものに比べてもスペックが高いものだと自負しています。基本的な性能をベースに備えた上で、内装の意匠に関しては建築家の個性やアレンジを加えることで、より良い住宅となります。そこにテラジマの建築力が現れていると思います。

(竹沢)また、テラジマアーキテクツでは、必ずすべての住宅を社員全員がチェックしています。それは完成度を高め、今後の設計施工にも生かしていく取り組みです。

(鴨下)これは工務店ならでは部分ですね。建築家と現場監督が同じ会社にいるので、成功点や改善点など、その蓄積を溜められ、生かすことができます。

(竹沢)さらに建築家全員がアイデアの共有を行い、より質の高い住宅を目指して切磋琢磨しています。

お客様へメッセージ

私たちは自分たちの仕事を通して、お施主様の“一軒の家をつくる”という記憶を、最善のものにできると思っています。家づくりは人生の中で大きなイベントです。それをいい思い出として提供できる自信が私たちにはあります。ですから、ご自身の暮らしにまつわる些細なこと、なんでもお話しください。お施主様のお話の中には、家づくりのヒントが詰まっています。お施主様の意見を大切にしながら、じっくり時間をかけてお付き合いさせていただきます。

loading