「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

お客様の声

豊かな休日を楽しむ家

東京都武蔵野市K様/2017年お引渡し
家族構成:ご夫妻・お子様

戸建ならではの暮らしを楽しみたい、そんな想いから家づくりに踏み切ったというK様。近隣に気兼ねすることなく屋外での寛ぎを楽しめる中庭、たくさんの友人をおもてなしできる大きなキッチン、スタイリッシュな空間など、ご夫婦で描いた理想のイメージをそのまま形にした邸宅です。
土地探しを始めた頃、偶然にもとあるオーナー様の住まいをご覧になる機会があったことからテラジマアーキテクツに出会ったK様は「他の会社で建てることは全く考えていませんでした!」と言い切ってくださるほど、私たちの家づくりに深く共感してくださったお客様のひとりです。現在はオーナー様となり、テラジマアーキテクツ主宰のオーナー様向けイベントにも積極的にご参加くださっています。

お引渡しから1年半。新緑が芽生えたばかりの春のある日、K様邸にお招きいただき、ご主人のお手製ランチをいただきながら家づくりのお話を伺ってまいりました。

タワーマンションから戸建に。自由な間取りと開放的な暮らしに惹かれました。

Q. 家づくりのきっかけを教えてください。

以前は都内のタワーマンションに住んでいました。一生住むつもりで購入したのですが、子どもの進学の都合で引越しをしなくてはならなくなったんです。
入学に間に合わせるため急いで引越す必要があり、一度は賃貸マンションに移ったものの、やはり持ち家に住みたいという思いを抱くようになりました。


もう一度マンションを購入することも考えましたが、以前の住まいに大きな不満はなかったので、それを超える物件を探すのは難しいと思いました。それなら、マンションとは全く価値観の異なる戸建にしよう、と考えたんです。
当時、時々郊外の友人の戸建に遊びにいくと、そこでは庭でバーベキューをしたりお酒を飲んだりして、子どもたちは傍で自由に遊んでいて、気持ちのいい光と風を感じられる休日を過ごせるんです。それにとても惹かれて。タワーマンションは駅と直結していて利便性に優れていましたけれど、窓を自由に開けることができないですからね。

マンションは間取りを自由にすることはできませんが、戸建には注文住宅を選べば自由に作るという選択肢もある。せっかく戸建にするなら注文住宅がいいだろう、ということで、土地を探して家を建てることにしました。

きっかけはオーナーさんとの偶然の出会い。

Q.テラジマアーキテクツを選んだ理由は?

注文住宅を建てると決めて夫婦で話し合う中で、建てるなら「中庭のある家」がいいという話になりました。
そんな中、妻が習っているフラワーアレンジメントの先生から、とある料理研究家の先生の家が素敵だという話を聞きまして。妻は料理のレッスンに参加して、その邸宅のシンプルモダンのデザインや中庭の雰囲気がまさに理想どおりだった、ぜひ同じ建築会社で建てたい、と話していたんです。それがテラジマアーキテクツでした。
その邸宅の写真を見て私もそのデザインを気に入りましたし、テラジマアーキテクツのウェブサイトに書いてあるコンセプトも共感できるものでしたので、相談に行くことにしました。

まだその時点では土地が決まっていませんでしたが、どんな土地なら希望の家が建つのか、というアドバイスをもらいました。プランニングを依頼したのは、具体的な候補地が現れてからです。
その土地は北側道路に面した土地で、南側は隣家に接しているため、提案されたのは南側に建物を寄せて北側に中庭を擁したプランでした。こういう南側をふさぐプランは普通の会社では提案されることが無いと思うのですが、コンサルタントの深田さんが「北側に庭をつくり、建物を南側に配置するプランでも採光に問題なく、快適ですよ」と教えてくださったんですね。実際その快適性は料理研究家の先生宅を見た妻が体感していましたし、北側斜線制限の都合で建物は南側に寄せたほうがボリュームを確保できる、という深田さんのお話にも納得できました。

決め手になったのは、まず住まい手である料理研究家の先生がテラジマアーキテクツのアフターメンテナンスを高く評価されていて、住んでいて安心だという話を聞いたことですね。何かあったとき、いつでも相談できると。
インターネットではよく住宅メーカーとのトラブルを目にしますが、引渡し前のチェックで確認できなかった不具合に住み始めてから気づいて、引渡し後は免責と言われきちんと対応してもらえないことに起因しているケースが多くあるようですから。
また、コンサルタントの深田さんがとても信頼できると感じたことも大きな理由です。お話の中で、『予算に関わらず、「想い」のあるお客さんならぜひ力になりたいと思っている。逆にこのお客様の要望なら、テラジマアーキテクツより他社の方がいい家が建てられる、と感じる方にはお断りすることもあります』という話をされたことがあって。住宅メーカーの営業さんにありがちな「とにかく契約!契約!」といった雰囲気ではないこと、また年間棟数も限られている分、一棟一棟にじっくり取り組んでくれる、という部分にも惹かれました。

Q. 設計・施工中のことを教えてください。

二週間に一度の設計打ち合わせと、合間の土日のショールーム巡りはどちらもとても楽しかったです!
打ち合わせが終盤に差し掛かると、「もう決めることないんですか?」なんて設計の方に聞いたりして(笑)とても楽しかったので、終わってしまうのが寂しいくらいでした。ひとつひとつの要素を選ぶ過程はどれも思い出深く、今でも家のあちこちを見ては設計さんとのやりとりを思い出します。

私は比較的即決するタイプですが、妻は何かを選ぶ際にとても迷っていました。一度決めたけれどやっぱり変更したい… というお願いをしたことも度々ありましたが、施工に間に合う限り、柔軟に対応してくださったので助かりましたね。設計さんは私たちの悩みに根気よく付き合ってくださり、本当に感謝しています。

現場には妻が頻繁に通って、出来上がる過程を写真に撮ったりしながら楽しみに見守っていました。職人の皆さんは口数は少ないけれど信頼できる印象の方ばかりでしたね。
現場監督の石塚さんは、建築中はもちろん今も何かあればすぐに連絡をくださるので、安心してお任せできる方です。
スタッフは皆さん人間味のある方ばかりだなぁと感じます。

暮らしの価値観が変わりました。

Q. 完成したお住まいはいかがですか?

プレゼンテーションのときにいただいたCGパースをぼろぼろになるまで眺めて、完成を楽しみにしていましたから、引渡しのときはうれしかったですね。

一般的な住宅では南側に開口があるのが普通だと思いますが、テラジマアーキテクツに提案してもらった北側に庭や開口を設けた空間は、とても快適です。
南側にある窓はハイサイドライトのみなのですが、充分に光が入りますし、周囲も気になりません。

我が家では平日は妻が、休日は私がキッチンに立つのですが、アムスタイルでオーダーしたキッチンはマンション時代に比べて圧倒的に作業効率がよく、とても気に入っています。もともと凝った料理が好きで、パスタはセモリナ粉から手打ちで作ったりしていましたが、この家に住むようになってから更にレパートリーが増えました。最近はマンションではできない燻製を始めて、ご近所に配ったりしています。
以前は土日は外食をするのが当たり前でしたが、今は家で作って食べるほうが楽しいと感じるようになりました。気兼ねなくお酒も飲めますしね。

大人数のおもてなしもできるようになりましたので、友達が遊びに来てくれる回数や人数も増えましたね。そのためにお皿を買い足すのも楽しみの一つです。

子どもはお庭でフラフープを回したり、大きなプールを広げて友達をたくさん招いて遊んだりできるようになりました。次は滑り台を置いて遊びたい、なんて話しています。

今は光や風を存分に感じられる暮らしができることが嬉しいです。マンションは利便性には優れていますが、中庭でのバーベキューが楽しめたり、子どもが自由に遊ぶことができたりするなど、豊かな暮らしが出来ることが幸せだと思っています。
都心のマンションは、どちらかというと大人に都合のいい住まいだったのかな、と思います。今のような暮らしの豊かさがわかるようになったことは、とても良いことでした。

きっかけになったオーナーである料理研究家の先生との出会いも、テラジマアーキテクツとの出会いも、全てありがたいご縁。全てのおかげで今があるんだな、と実感しています。
テラジマアーキテクツが主宰しているオーナー向けの料理教室イベントには、昨年妻が参加しました。なかなか予約の取れない人気の先生の教室だそうですが、こういう機会があることも、テラジマアーキテクツで建てたひとつの特権として、嬉しく思っています。

Q. これから家を建てる方に、理想の住まいを叶えるためのアドバイスをお願いします。

希望は遠慮せず伝えることが大事だと思います。こうしたい!という思いを実現できるように頑張ってくれる会社だと思いますので、もちろん全てが実現できるかはわからないけれど、まず相談してみるといいと思います。

そして、注文住宅は考えなければならないこと、やるべきことがたくさんありますが、大変…と思わず、その過程を楽しんだほうがいいと思います。せっかく自分の好きに建てられるんですから。

特にお気に入りの場所を
教えてください

ご主人のお気に入りはこだわって作ったキッチンと、バーベキューを楽しめる中庭。キッチンと庭は隣接しており、アウトドアリビングを楽しむのに便利な構成となっている。

玄関の扉を開くと、目の前の窓から光が差す玄関ホールは奥様のお気に入り。訪れたご友人はその開放感に皆驚くそう。

子ども部屋。気に入って購入したベッドに合わせ、窓の高さや大きさを調整した。大人になっても飽きることなく過ごせそうなシックな色味のクロスはお子様が自分で選んだもの。

担当スタッフ紹介

実績詳細へ
現場監督:石塚 快

現場監督:石塚 快

コンサルタント:深田 直

コンサルタント:深田 直

コンサルタントより

初めてお会いして皆さまのお人柄に触れたとき、K様には絶対に弊社で建てて頂きたいと強く思ったことを思い出します。
奥様が元々弊社のオーナー様の家を気に入って頂いていたこともございますが、弊社の家づくりにとても共感してくださっておりました。

最初は違う土地でご検討いただいていましたが、最終的に決められた土地は静かな場所で、K様にとって非常に良い土地だったと確信しております。
K様の家づくりのお手伝いができたことを本当に嬉しく思っております。
これからも、末永いお付き合いのほど宜しくお願いいたします。

loading