「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

お客様の声

奥さまの夢を叶えた家づくり
美しく心地よい都市の家(店舗併用住宅)

東京都大田区T様/2020年2月竣工
家族構成:ご夫婦・子ども2人

東京都大田区のT様邸は、美容師として活躍する奥さまのプライベートサロンを備えた、職住一体の住まい。
グレーを基調とした柔らかいモノトーンのインテリアは隅々まで美しく、美意識の高い奥さまの世界観を体現しているようです。

訪問当日、スタッフを迎えてくださった奥さまは「この家には本当に『こうすれば良かった』と思うところが一つもないんです」と終始笑顔で、家づくりの楽しかった思い出をお聞かせくださいました。
お気に入りの家を作り上げるまで、また現在の暮らしについて、色々なお話を伺いましたので、ご紹介させていただきます。

デザインと自由度の高いプランに惹かれました

Q.家づくりのきっかけを教えてください。

以前は賃貸マンションに住んでいましたが、子どもが小学校に上がるまでには引っ越したいと思っていました。また、上の子どもが1歳の頃から、「この子が小学校に上がるころに独立して、自分のお店を自宅で開きたい」と考えるようになり、土地を探し始めました。
サロンを作ることを前提に考えていたため、マンションや建売などの他の選択肢は考えておらず、検討していたのは注文住宅のみです。

テラジマアーキテクツを知ったのは、他のオーナーの方のinstagramを見たことがきっかけだったと思います。その素敵な写真に興味を持って、テラジマアーキテクツのinstagramを見るようになりました。
他、数社の工務店や設計事務所のアカウントを見て、デザインが気に入った会社や設計の自由度が高そうだと感じた会社を選んで建築会社の候補を絞りました。

Q.テラジマアーキテクツを選んだ理由は?

お店をやりたいこと、リビングを広く取りたいこと、子ども部屋は2つ・・・など、必要な部屋数をコンサルタントの原さんに伝えて、土地選びのアドバイスをいただきました。ちょうど土地を探している最中だったので、その図面を持っていき「こんな土地を検討しているんですけど、建ちますか?」「ここでは難しいですね」というような感じで。
その土地の持つポテンシャル、何がどこまでできるのかということは全然分からなかったので、とても助かりました。
その後、テラジマアーキテクツ以外にも何社か図面を描いていただきましたが、なんだか狭いな‥と感じたんです。希望通りの部屋数はあったんですけどね。まぁそんなものかな、と諦めていたのですが、テラジマアーキテクツの図面はなぜかとても広く感じて。全ての部屋が広く描かれていて、他の会社のプランより1階分くらいゆとりがあると感じて。その提案を見て感動しました。この家に住みたい、と思って、この会社にしようと決めました。

建て主の悩みに付き合い、「やっぱり直したい」に対応してもらえる

Q.家づくり中のことを教えてください。

わが家では、調べるのが好きな私が主導して家づくりを進めました。主人の意見を採用したのは冷蔵庫くらいでしょうか(笑)

担当の柴原さんはとても相談しやすい方でした。最初、好きなテイストがあまり定まっていなかったのですが、好みの画像を大量に共有することで、バランスの良いデザインに導いてくださいました。
何かを選ぶのに、いつも期限のぎりぎりまで悩んでいましたね。テラジマアーキテクツでは他社と違い、施工と打ち合わせを同時進行で進めていくので、施工の様子を見て「ここはやっぱり直したい・・・」と思った部分について、工事のスケジュールに間に合えば対応してもらえる、という部分はとても助かりました。もし契約前に予め図面がすべて決まっていて、その通りにしか施工できないと言われていたら、もっと後悔する部分が色々あったと思います。有難かったですね。

近くに住んでいたので、施工中は子どもと一緒に現場を見に来ました。大工さんが黙々と素早い動きで作業している姿が印象的でした。子どもたちは自分で壁紙を選んだりして、仕上がりを楽しみにしていました。いい思い出になっていると良いなと思います。

インタビューの間、奥さまの腕の中で安心しきってウトウトする豆柴の雪美ちゃん。

「こうすればよかったな」がない家

Q.新居での暮らしはいかがですか?

ひとつ印象深いことがあります。お引き渡しの日の夜、まだベッドなどの家具を用意していなかったので、以前の住まいに帰ろうとしたのですが、子どもたちが新居から「帰りたくない」って言いだして。結局、布団も何もない新居で家族全員寝ました(笑)体が痛い!なんて言いながら、すごく喜んでいましたね。いい思い出です。

私たち夫婦としては、「こうすればよかった」がない家です。ただひとつだけ、このご時世なので、玄関付近に洗面台を作ったらよかったな、と思っています。これから追加できるかどうか、設計の柴原さんに相談しようと思っています。

リビングが家族の時間の中心です。あと、暖かいときにはバルコニーでバーベキューしたりして。ちょうどコロナ禍の前に引っ越したのですが、二カ月ほどの自粛期間、子どもたちをこの家で過ごさせることができてよかったです。マンションではとても狭くて、大変だっただろうなと・・・特に苦労なく、楽しく過ごせました。
自宅にサロンを作って、仕事を在宅でできるようになったことも良かったと思っています。通勤時間がなく、子育てとの両立がしやすいということはもちろん、私ひとりでやっているプライベートサロンですので、感染の不安が少ないということもお客様にはとても好評です。

子どもは犬と一緒にリビングを走り回っています。友達が来ると子ども部屋で遊びますが、リビングが気に入っているみたいです。主人はソファが定位置です。

私が特にお気に入りなのはキッチン。色もすごく気に入っていて高さもいいです。収納がたくさんあって、何でもしまえますし。広くて子供と料理をするときにもいいですね。
レンジフードを埋め込んでもらって、すっきりとした見栄えもいいです。
冷蔵庫はアメリカのケンモア製。主人のたっての希望でした。

家を建てて、娘の友達が泊まりに来たり、バーベキューを一緒にしたりという楽しみが増えました。家で過ごすことがとても増えたと思います。外出の頻度が減っても退屈することなく、楽しく過ごせています。

あと最近、犬を飼い始めました。娘の強い希望でお迎えした豆柴です。この子が家族に加わったのが、新居を建てて一番大きな変化かもしれませんね。

Q.これから建てる方に、満足のいく家づくりを叶えるためのアドバイスをお願いします。

自分の理想とするイメージを形にするには、写真など好みがわかるものを色々集めて、それを設計士さんに見せて相談するのがいいと思います。建築に関する知識がないと、自分のやりたいことが実現可能かどうかもわからないですから。
なにより、自分の理想、お気に入りを探るためにも、まずはたくさんの写真や事例を見るのがいいと思います。

そして、相談しやすい方に巡り合うことでしょうか。テラジマアーキテクツはとても相談しやすい会社だと思いますよ。

特にお気に入りの場所を
教えてください

ご家族全員のお気に入りはリビング。大きなソファでゆったりと寛いだり、お子さまたちはワンちゃんと一緒に走り回ったり。笑顔の絶えない空間です。

奥さまがお気に入りと話すキッチン。(画像は竣工時)
収納、作業スペース共にゆとりがあり、使い勝手は良好とのこと。
グレーを基調としたリビング・ダイニング空間に柔らかさ、優しさを添えるベージュ系の色使い、マットな質感が美しい。

家づくりにあたり、奥さまの念願であったプライベートサロン「cilo」。
一対一での丁寧な接客が叶うこの場所は、コロナ禍という時勢柄、また小さな子ども連れのお客様からとても好評なのだそうです。

清潔感とおしゃれな雰囲気を感じさせるグリーンのカウンターテーブルは、空間に合わせて造作しました。

ご自宅とサロンを繋ぐ前庭は、お子さまの遊び場としても活躍しているそう。
夏にはプールを置いたり、キックボードで走り回ったりと、コロナ禍でも体を動かして遊ぶことができる貴重な場所。

担当スタッフ紹介

実績詳細へ
設計:柴原 尚子

設計:柴原 尚子

コンサルタント:原 正一

コンサルタント:原 正一

現場監督:川島 孝雄

現場監督:川島 孝雄

設計担当・柴原より

初めてのサロンの設計という事で不安な点もございましたが、奥さまのこだわりとインテリアの好みが一貫されておりスムーズに仕様が決定出来たように思います。

また、子供たちの『帰りたくない』は何より嬉しい言葉ですね。
『ご家族の記憶に残る家づくりになれば良いな』と思い、日々の設計業務をしているので感無量です。

注文住宅では、どうしても打合せの拘束時間が長くなってしまいます。
お隣で同じ日に着工したお家が、半分の工期で出来上がってしまう事もしばしば…

しかし、自分で一つずつ選ぶ楽しさ、子供たちには家づくりに参加している感覚を少しでも味わって貰えれば嬉しいです。

これからも、このお家で沢山の記憶に残る思い出が出来ますように。

loading