「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

パティオが繋ぐサロン併設の家(店舗併用住宅)

東京都大田区の閑静な住宅街に建つ、ご夫婦と子ども二人が暮らす邸宅。
家族それぞれの個室やゆったりとしたリビングダイニング、美容師の奥さまのプライベートサロン(店舗)やビルトインガレージなど、多くの要素を盛り込みました。

特徴的なのは、住まいと店舗の間をつなぐパティオ(前庭)。家族と来客の動線を分ける場所であると同時に、家族の憩いの庭としても機能します。「働く」と「暮らす」を緩やかにつなぐコモンスペースです。

欲しい要素はできる限り盛り込んで、動線はコンパクトで機能的に。
新しい時代の暮らし方・働き方に対応する、都市型の店舗併用住宅です。

竣工
2020年2月
場所
東京都大田区 
敷地面積
99.2 ㎡(30.01 坪)
延床面積
198.49 ㎡(60.04 坪)
基本性能
耐震構法SE構法・外張り断熱

ツートンカラーが明るい印象の外観デザイン

グレージュ×ホワイトのツートンカラーが印象的な外観デザイン。縦に連なる窓は階段ホールに通じており、暮らしの様子が外から見えてしまうことはありません。
地下部分には2台の車が格納できるガレージがあります。
店舗、住宅ともに右手の門扉を通って入口に至ります。

住まいと店舗を繋ぐパティオ(前庭)

ゆったりと確保したパティオ。家族と来客の動線をスムーズに分離できます。
普段はお子さまたちの遊び場として、庭の役割も果たしています。
夜になると壁際のダウンライトが灯り、より印象的な空間になります。

グレージュがアクセントカラーのリビング

家族が集う2階のリビング。
グレージュのアクセントクロスを貼った壁がポイント。シックで柔らかい雰囲気になります。
リビング部の大きな窓とダイニングのハイサイドライト(高窓)から光が入る、明るく心地よい空間です。

■Brand
・Furniture:ボーコンセプト/BoConcept

デザインと使い勝手を両立したオーダーキッチン

マットなブラウンのバックセットに、木目のアイランドキッチンという優しい色合いの組み合わせ。
お子さまと一緒に調理を楽しめるゆとりのあるレイアウトは使い勝手も良好です。
ご主人さまのご希望だったケンモア製の冷水ディスペンサー付冷蔵庫がぴったり収まるようにデザインし、すっきりと見せています。

■Brand
・Kitchen:モービリティーポ/mobilitipo
・Refrigerator:ケンモア/Kenmore

リビングの延長として使えるテラス

ゆとりのあるバルコニー。アウトサイドリビングとして活用できるよう、閉塞感を感じさせない高さに壁を立てて外からの視線を遮っています。
家族でのバーベキュー、週末のグランピングなど、気軽に非日常を楽しめる場所です。

間接照明が華やかな玄関ホール

階段ホールを兼ねた玄関。
光沢のある大判のタイルを敷いて、框は低めに設定。明るく広々と感じられる空間に仕上げました。
白い引き戸はシューズインクローゼットに通じており、その先には洗濯室とサロンがあります。洗濯室はサロン・住居の共用となっています。

■Brand
・bioethanol heater:エコスマートファイヤー/EcoSmart Fire

ホテルライクなベージュのサニタリールーム

同じタイルを使い、ガラスで間仕切りすることで一体感を出した、洗面室とバスルーム。
一日の始まりや終わりを優雅な気分で過ごせる、ホテルライクな仕上がりです。
ファミリークローゼットと隣接させ、身支度が一か所でできる便利な間取りとしました。

男の子と女の子の子ども部屋

お姉ちゃんと弟くん、二人のお子さまの部屋。将来的には成長にあわせて中央で仕切って別室にできるよう計画しました。
右手の弟くんのお部屋には、好奇心を刺激するイエローのクロスと、身体を動かして遊べるボルダリングウォールを設置。左手のお姉ちゃんのお部屋は、人気の柔らかいパープルをメインカラーとした、華やかで可愛らしいインテリアとなっています。

清潔感とゆとりのある心地よいサロンスペース

奥さまのサロン「cilo」は、白を基調としたシンプルで明るく、清潔感のある空間。内装に合わせてグリーンの受付台も造作しました。
一対一での接客を基本としたプライベートサロンということで、シャンプー台やカットスペースはそれぞれ一か所とコンパクトな作りですが、それぞれがゆとりを持って配置できるように工夫。心地よく過ごせる空間に仕上げました。

loading