TERAJIMA ARCHITECTS

お客様の声

家族をつなぐ光溢れる都市の住まい

東京都品川区 K様/2014年 お引渡し
家族構成:ご夫婦・お子様2人

テラジマアーキテクツでは、お引渡し後のお客様に家づくりを振り返ってのご感想をアンケート形式でお伺いしています。 K様が返送してくださったアンケート用紙には、記入欄を超えて裏面に渡ってびっしりとメッセージを書いてくださっていました。それはK様の家づくりへの情熱と、暖かいお心遣いに満ちた優しいお言葉ばかり。
その締めくくりの一言は「書きたいことはまだたくさんあるのですが、続きは『お客様の声』のインタビューで!」

爽やかなお天気の初秋のある日。
続きのお話を伺いに…という口実のもと、いつも明るく楽しいK様ご家族に会いに、お引渡しから半年が経つK様邸をたずねました。

大きな開口が印象的なファサード。ご希望通りの、シンプルモダンなデザインに仕上げました。

インタビューの様子。たっぷりと光が入る、気持ちの良いダイニングにて。

ご主人のご希望であった玄関から望む美しい景色は、ご家族の帰宅や来客を温かく迎える演出。

「スタッフの人柄重視」の会社選び。会社のあたたかい雰囲気にひかれました。

K様が家づくりを始めたきっかけは、お子様が生まれて以前のお住まいが手狭に感じられるようになったことでした。
元々高層マンションにお住まいでしたが、子育てをするには地面に近いところのほうがよい、とのご主人のお考えと、せっかくならおしゃれな家に住みたいという奥様のご要望から、マンションや建売の戸建ではなく注文住宅を選択。
早速都心の利便性の高い一角に土地を購入し、建築会社選びを開始しました。

テラジマアーキテクツをお知りになったのは、インターネットの画像検索がきっかけだったそうです。
シンプルモダンなデザインと、光と風が存分に取り込める開放感のある住まいの施工例を見て理想に近いと感じた奥様は、早速ご主人に電話でそのことを伝えたところ、ちょうど職場のご友人と食事中だったご主人の隣に座っていたのは、偶然にも以前テラジマアーキテクツで家を建てられたN様!「これはご縁があるなと思いました」(奥様)
N様からのおすすめを受けたこと、インターネットの口コミを調べるも悪い評判が無かったことなどから、一度相談に行ってみようと思い立ち、ご来社くださったのだそうです。

ご希望を細かく伺い、約3 週間後。私たちがご提案したプランに、ご主人は大満足だったそうです。
「玄関から和室越しに坪庭をのぞむことのできる構成がとても気に入りました。要望として出していましたが、実際に提案してくれた会社は他になかった。その他、ビルトインのガレージ、開放的で快適なリビング、どれも要望通り」(ご主人)
また、施工体制も魅力的だったと奥様は仰います。「建心会に安心感を感じました。施工を下請けに任せてしまい、実際に作業に携わる人が誰なのかわからない、ということがないのはいいですよね」

プランや施工の体制、品質にはご納得をいただいた上で、テラジマアーキテクツを選んだ一番の決め手は?と伺うと「スタッフの人柄」と即答!
「スタッフは皆仲が良さそうで、いつも温かい雰囲気。テラジマさんならお任せできるなって思ったんです」(奥様)

多くのお客様にとって、建築会社とは一生のお付き合いになります。
お打合せを重ね、何度も会社にお越し下さるうちに、スタッフの対応や社内の様子に相性の良さを感じたというK様。

こうして、家づくりという大切なお仕事を任せていただくこととなりました。

LDK:竣工時の写真。無垢のフローリングの深い色味やアイアンの手すりと階段、ネイビーのアクセントクロスなど、様々な要素が調和した洗練された空間。

銃をモチーフにしたアート、キャンドルを納めた大ぶりなランタンなど、主張のあるインテリアがすんなりと馴染んでいる。トイレに採用した本棚の柄のアクセントクロスも個性的。全て奥様が選んだものだそう。

設計も施工も、安心してお任せできました。

雑誌「I'm home」を愛読されており、インテリアが大好きで理想の住まいの明確なイメージをお持ちだった奥様にとって、家づくりはこだわりを形にするための妥協なき戦いだったようです。
そして、ご予算など様々な制約の中でどれだけお客様の理想に近づけてゆくことができるか、ここは建築家の腕の見せ所。
「担当の山田さんは、私の要望を聞いた上で海外のウェブサイトなどからたくさんの実例写真を用意して、いつも適切なものを紹介してくれました。また、予算に合わせて、『できるものはできる、できないものはできない』とはっきり助言してくださるので助かりました。山田さんはいつでもより私の理想に近い選択に導いてくれましたし、山田さんの提案なら、と安心してお任せできました」と奥様は振り返ります。
また、女性建築家ならではのこんな気遣いも。
「二人目の子供の出産を控えた中での家づくりだったので、色々と大変でした。でも山田さんは、打合せのたびに家に来て下さって、本当に助かりました。女性の担当さんだとこういう時、心強いですよね」(奥様)

お身体のこともあり、なかなか現場に足を運んで頂くことはできなかったそうですが、「特に不安はありませんでした」と話す奥様に理由を伺うと「通常、家づくりの際は数センチのずれは誤差と考えるものだけれど、担当の大工さんは正確さに拘る大変厳しい方で、ミリ単位でずれを指摘してくれるんですよ!と山田さんから伺って。それなら安心!と思いました」と奥様。
安心してお任せいただくことができた理由は、奥様の熱意に負けない建心会の職人たちの熱い思いとこだわりにあったようです。

ご主人お気に入りのBang & Olufsen のテレビとスピーカーを設けたリビング。映画とピアノの演奏がお好きなご主人は、リビングで過ごす時間がほとんどなのだそう。アースカラーのコーディネートが居心地良く、ついのんびりと寛いでしまう空間。

広々としたバルコニーには赤いチェックのシートに椅子やクッションを並べて、お子様のプレイスペースに。日差しの強い日でもお子様が遊べるようにと、屋根をつけるプチリフォーム計画を現在進行中。

お料理上手な奥様お気に入りの大きなアイランドキッチン。最近、息子さんと一緒にピザを焼いたのだとか。まだ幼いお嬢さんがもう少し大きくなったら、3 人で並んで料理をするのを楽しみにされているそうです。

この家で家族と共に過ごす時間を楽しみたい。

新しい住まいへの満足度を伺うと、ご夫婦ともに「大満足!」と嬉しいお答え。ご夫婦の一番のお気に入りは、吹抜けが開放的なLDK なのだそうです。
「『帰りたくなるリビング』が、元々の理想でした。今はリビングでのんびりと映画を観る時間が一番好きです。毎日家に帰るのが楽しみです!」とご主人。また奥様も、「家族がどこにいても気配が感じられる住まいにしたいと思っていたのですが、本当に理想通りです!キッチンに立つと正面にバルコニーを望めるのですが、家事をしながらふと子供たちがバルコニーで楽しそうに遊んでいる姿を見ると、幸せを感じます」

以前から、カーテンを閉めて過ごすのがお好きではなかったというK様は、お天気が良い日は大きなバルコニーへの窓を大きく開け放って、ダイニングと一体の空間として使用されているそう。やんちゃ盛りのふたりのお子様は、バルコニーで遊ぶのが何より大好き。お子様が大きくなったら、高い吹き抜けのあるLDK をコンサートホールに見立てたファミリーコンサートや、広々としたキッチンを囲んだクッキングパーティなど、ご家族で過ごす時間を楽しみにされているのだそうです。

また、お子様の成長に合わせてリフォームをするのも楽しみのひとつなのだそうで、「家づくりは本当に楽しかった!もう一度家づくりがしたいくらいです(笑)リフォームの時はまたテラジマさんにお願いします!」との有難いお言葉をいただきました。

実は既に、お子様が遊ぶバルコニーに屋根を設ける計画が進行中。
暮らしの変化やその時々のニーズに合わせて形を変えながら、この住まいが沢山の幸せな思い出を紡いでいってくれることを願っております。

担当スタッフ紹介

実績詳細へ
設計:山田

設計:山田

現場担当:今村

現場担当:今村

設計担当より

磨かれたセンスの持ち主のK様とのお打ち合わせはいつも刺激的で、K様から学んだことが今後の案件にも活かされると思います。
子育ての忙しい中でも、打合せに積極的に時間を割いて頂きまして本当に有難うございました。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

loading