TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

共有の中庭がつなぐ2世帯住宅

1階親世帯・2階子世帯とフロアで分離した二世帯住宅。各世帯の適度な[つながり]をテーマに計画しました。
庭の既存の桜をシンボルとした中庭をそれぞれの世帯の住宅で囲みこむ構成とし、世帯と世帯の間に出来た路地空間は共有のアプローチとして利用。
住まいのどこからでものぞめる桜が家族を繋ぎつつ、視線が干渉しないようそれぞれの空間を配置することで、プライバシーを確保しています。

竣工
2018年11月
場所
東京都世田谷区
敷地面積
142.43㎡
延床面積
149.0㎡
基本性能
耐震構法SE工法・外張り断熱

大空間のLDK

2階・子世帯のリビングダイニング。高天井と庭に面した大開口が開放感抜群の空間です。
階段上には寝室や小屋裏収納、キッチン裏手には水廻りや子ども部屋があり、必要な空間を無駄なく集約させることで、家族の空間によりゆとりを持たせました。梁が空間のアクセントになっています。

飾り棚を備えたオープンなキッチン

木の面材を使用したキッチンは、まるで家具のような雰囲気。調理器具や食器類を並べて見せられる飾り棚を設けています。背面には大容量のパントリーを備えた、機能性・インテリア性に優れたキッチンです。

リビングに面したバルコニー

リビングの開口は大きなバルコニーに面しています。すりガラスの柵と壁に囲まれたバルコニーは、屋外でありながらプライベートな空間として活用できます。柵の奥に見えるのが、シンボルツリーの桜の木です。

子世帯への玄関

1階はこの玄関を除き、全て親世帯の空間となっています。階段を上ると、子世帯のリビングダイニングに至ります。左手の収納は親世帯の玄関とも繋がっています。

各世帯への扉が並ぶアプローチ

奥に親世帯、手前に子世帯の玄関扉が並ぶアプローチ。入り口は分かれていますが、出入りの度に気配を感じられる距離感です。

親世帯LDKとテラス

1階にある親世帯のリビングダイニングは、大きなウッドデッキを敷いたテラスに繋がっています。
開口からは庭の桜をのぞむことができます。子世帯同様、フローリングの質感が優しいナチュラルな雰囲気の空間です。

シンプルモダンの外観デザイン

街並みに沿う、シンプルな外観デザイン。通りの多い道路に面しているため、各世帯の玄関扉はアプローチ奥に配置し、防犯面にも配慮しています。

loading