TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

庭を楽しむ家

都内屈指の人気エリアに建つ2階建ての邸宅。賑やかな街にあるからこそ、外部からの干渉を気にせずに安心して過ごすことのできる空間を、とのご要望をいただき、中庭に向かって開くコートハウスをご提案いたしました。プライバシーが守られた中庭は、あらゆる場面でご活用頂けるご家族のためのプライベートな屋外空間。水廻りには専用の庭園を設え、まるで露天風呂のような外部とつながる空間を構成しています。高級旅館を思わせる、豊かな寛ぎの時間を愉しめる邸宅に仕上がりました。

竣工
2016年11月
場所
東京都武蔵野市
敷地面積
348.29 ㎡
延床面積
253.54 ㎡(76.7坪)
基本性能
耐震構法SE構法・外断熱の家

Awards

「houzz ベスト・オブ・ハウズ2018デザイン賞」受賞

中庭に面したリビング・ダイニング

大きな中庭を囲むコートハウス。建物はコノ字型で、ほとんどの開口部が中庭に向かっています。一階リビングダイニングは、L字型の大空間。石を用いたアクセントウォールや板張りの天井、造作のキッチンなど、上質な素材を組み合わせて和モダンの空間をデザインしました。ダイニングテーブルは掘りごたつのような形状。腰かける部分は床より少し上げ、キッチンに立つ人と目線が合う高さになっています。

中庭をのぞむ玄関ホール

玄関の扉を開くと、広々としたホールの奥に中庭の緑をのぞむことができます。いつでも自然の光が来客を心地よく迎えてくれます。

細工が美しい建具

和モダンの邸宅のアクセントになっている、細工の美しい建具の数々。光が射すと美しい影が落ち、風情を感じさせます。

素材の質感が調和したバスルーム

石やタイル、木など、それぞれの素材の質感が調和した上質な印象のバスルーム。窓の外には竹を植えた坪庭をのぞむことができ、さながら高級旅館のよう。

緑豊かな日本庭園風の中庭

植物のお世話が趣味というご夫婦が、ひとつひとつ選んだ木々を美しく配した日本庭園風の中庭。奥には家庭菜園のスペースやペットのアヒル専用の水浴び場など、ご夫婦が暮らしを楽しむための空間となっています。夜になると木々の根元の照明が灯り、建物内からこぼれる灯りと相まって幻想的で華やかな雰囲気に一変。高級旅館を思わせる優雅な風景を楽しむことができます。

loading