「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

軒下の家

深い軒が作り出す半屋外の空間は、家の内と外を繋ぐ中間領域の役割を果たし広がりを生み出しています。
家族全員がくつろげる空間でありながら、どこの部屋にいてもそれぞれの気配を感じられる住まいは、家族との時間を何よりも大切に、かつ心地よく過ごすための工夫とアイデアに溢れた住まいとなりました。
デザインはもちろん、性能面にもこだわり抜いた邸宅です。

竣工
2019年4月
場所
神奈川県
敷地面積
364.07㎡(110.13坪)
延床面積
186.6㎡(56.4坪)
基本性能
耐震構法SE工法・外張り断熱

Awards

LIXILメンバーズコンテスト2019 新築部門地域最優秀賞 受賞

「住まいの環境デザインアワード2019」グッドビルダー賞受賞

こだわりぬいたスタイリッシュな外観デザイン

ご夫婦こだわりのスタイリッシュな外観は、構造と仕上がりのディテールを建築家と密に話し合い仕上がったデザイン。
深い軒によって生まれた半屋外の空間は、家の内と外を繋ぐ役割を果たしさらに空間に広がりを生み出しています。

家族の気配を感じられるLDK

吹抜けの大空間LDK。天井と軒天を同じ仕上げにすることによって、さらに空間に広がりを生み出しています。
また2階のスタディスペースの様子がLDKのどの空間にいても感じられる為、適度な距離がありながら家族の存在を感じることのできる空間になっています。

家族で過ごすスタディスペース

2階スタディスペース。背面にはたくさんの収納棚を設置し、大人も子供も一緒になって作業できるスペースを設けています。デスクからはLDKの様子が見え、家族で過ごすスタディスペースになりました。

小上がりに設けた和室空間

小上がりに和室空間を設け、特別感を。
また天井の仕上げや緑の見える景色を切り抜いた開口によって、さらに粛然とした印象を持つ和の空間になりました。

印象的な玄関ホール

壁の仕上げ、玄関ドアのデザインなどあらゆる面で計算されつくされた玄関ホールは、シンプルでありながら印象的な空間。ガラスの壁を作ることで空間に抜け感を与えています。

loading