「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

プライベートテラスでくつろぐ家

大きなプライベートテラスをLDKがコの字で囲う邸宅は、モダンな室内にテラスの風や光、緑が取り込まれ自然を感じるお住まいになりました。

プライベートテラスには、すりガラスとグリーンが施され周囲の視線を気にせず過ごすことができ、
夜には植栽がライトアップされ、室内は非日常感ある空間にも。
全体を白や薄いベージュのトーンで統一された室内は、天井にあしらわれた木や緑、家具が映え洗練された室内になっています。

竣工
2020年2月
場所
東京都世田谷区
敷地面積
227.31㎡(68.76坪)
延床面積
207.81㎡(62.86坪)
基本性能
耐震構法SE工法・外張り断熱

開放感あふれる明るいリビング

大空間LDKは開放感があり、テラスからの光や風で自然を感じられる空間。
またテラスの緑を目で楽しむことができ、四季の移ろいを感じることも。
都市で暮らしていることを忘れてしまうような、気持ちのいいLDKになっています。

テラスに面したキッチン空間

大きなプライベートテラスを目の前に配置したキッチン。明るいのはもちろん、開放感もたっぷり。
木の天井はテラスにもつながっているので、空間に一体感を感じられます。

内と外がつながるプライベートテラス

室内の天井にあしらった木をテラスにもつないで、まるでテラスも室内かのように内と外がつながった空間。

中庭に面した階段

中庭に面した二階へ続くスケルトン階段は、存在感が強すぎず室内にスッと馴染むよう設けています。

タイルで表情の違う

色味は合わせつつタイルと塗りを使い分け、シックな外観にさらに重厚感をプラス。

タイルと照明がつくる空間

壁にアクセントに濃い色のタイルを使用し、また照明に電球の形をしたものを設置し、あたたかみのある空間になっています。

アクセントに木をあしらえた水廻り

白く明るい空間に、木を引き出しの素材にアクセントとして使用。
空間が一気にしまり、またどこか温度感を感じられる水廻り。

loading