二世帯住宅・同居暮らし| テラジマアーキテクツ

二世帯住宅

二世帯住宅

テラジマアーキテクツが考える二世帯住宅
建築家による自由設計で思いのままのかたちに

二世帯住宅には、家族が互いを見守ることのできる安心感や、助け合えることによる大きなメリットがある反面、お互いのプライバシーを守ることが難しくなったり、生活サイクルや住まいへのニーズも異なる世帯が共に暮らすことへの心配もあります。
テラジマアーキテクツでは、ご家族の構成やお一人おひとりのライフスタイルを丁寧にヒアリングし、一体型・分離型などの既存の形にとらわれない、そのご家族に合ったプランをデザイン。二世帯住宅ならではの「快適な暮らし」をご提案しています。

屋上デッキ・庭のある家

親子で同居する対面キッチン

モダンリビング

テラジマアーキテクツがつくる快適な二世帯住宅
「二世帯住宅には2つのスタイルがあります」

世代が異なる家族が同居するにあたり、それぞれの生活を尊重することが成功の秘訣、と私たちは考えています。
特に共働き夫婦の多い都市部の二世帯住宅においては、生活時間帯のずれから互いに気を遣う場面も多いものではないでしょうか。
ここでは、59年以上に渡る施工実績から導き出した、快適な二世帯住宅の2つのプランニング例をご紹介します。

  • Case1 .完全分離型 プライバシーを守りながらもつながりを感じる家
  • Case2 .部分同居型 お互いの暮らしを見守ることのできる家

二世帯住宅のメリットは、実はこんなにたくさんあるのです。

子どもの教育
子どもの面倒を祖父母と両親が共にみる孫共育により、礼儀正しく高齢者と話ができる思いやりのある子に育ちます。
防犯
全員が留守にしているタイミングが少ないと思われるようで、二世帯住宅の方が防犯性が高いことが立証されています。
資金面での優遇
構造や機能が独立し区分所有が可能な二世帯住宅なら、二世帯分の公的融資が受けられます。また、共用タイプでも一定の条件を満たせば、割増融資が受けられます。
安心感
万が一の緊急事態や病気のときなど、頼ってもいい家族がそばにいるのはとても心強いことです。
協力できる
やむ得ず幼い子どもだけで留守番させなくてはならないときに親世帯の協力があれば安心です。ペットを買ってイル場合でも長期の旅行に出かけることができたり、助け合うことで、時間にゆとりが生まれ、行動範囲が広がります。

一段上がったスキップフロアのある家

快適な「二世帯住宅」について、間取りと建築事例をご紹介いたします。
テラジマアーキテクツの二世帯住宅についての設計相談はこちらからお問い合わせください >>

Case1 .完全分離型 プライバシーを守りながらもつながりを感じる家

自然と調和した中庭
完全分離型の二世帯住宅とは、ひとつの建物に二家族が同居していながら、ほとんど共有スペースを持たないものを指します。

リビングやダイニング、浴室などはもちろん、玄関を別々に設けることで動線を完全に分け、お互いの生活が干渉しないように配慮されています。それぞれのご家族の生活サイクルが全く異なる場合は、完全分離型の二世帯住宅がおすすめです。
建築実例:A様邸
『中庭を介してつながる 左右分離型二世帯住宅』
資料請求・お問い合わせ

お施主様からのご要望は「お互いのプライバシーを守りながらも、どこかで家族としてのつながりを感じたい」というもの。
そこで、階上・階下で世帯を分けるのではなく、建物の中央を境に完全左右対称の構造とすることで、互いの生活音などが気にならないよう配慮しました。

クリックすると各フロアの間取りをご覧いただけます。

>> テラジマアーキテクツへのご相談・お問い合わせはこちら

<1階>Point1ガラス張りの中庭

明るさを取り入れる中庭

ガラス張りのモダンな中庭で、
お互いが双方から景色を愉しめます。
1階の中央にガラス張りの中庭を配置。
ガラス張りにすることで、通気や採光のみならず互いの気配を感じられるスペースとしての役割を持たせました。
<2階>Point2共有バルコニー

ウッドテラスに繋がるリビング

2階のバルコニーは両世帯で共有。
癒やし、コミュニケーションの場に。
アウトサイドリビングにもなる広々とした2Fのバルコニーは親世帯・子世帯が共有できるスペースとして計画。
日頃の生活は別々であっても、天気の良い休日にはアウトサイドリビングで家族そろってブランチ...というような、自然な交流が叶います。

Case2 .部分同居型 お互いの暮らしを見守ることのできる家

土間で別れる居住スペース
部分同居型とは、玄関、リビング、水まわりなど、生活空間の一部を共有する二世帯住宅です。

共有部分を設けることで、その他の居室の広さを確保することができるというメリットがあります。また、小さなお子様やご高齢の家族がいるなど、お互いの様子を見守りながらも干渉しすぎない距離感を希望される方には、安心感とプライバシーを両立できるスタイルとしておすすめしています。
建築実例:K様邸
『土間越しにつながる 上下分離型二世帯住宅』
資料請求・お問い合わせ

1階がお母様世帯、2,3階がお施主様ご夫婦と小学生のお子様が暮らす子世帯、という構成の、二世帯住宅です。
K様は「動線を分けつつ互いを常に見守ることができる構造」を希望されていました。
そこで、フロアごとに世帯を分けるつくりとし、玄関と周辺の空間の使い方に工夫を施しました。

クリックすると各フロアの間取りをご覧いただけます。

>> テラジマアーキテクツへのご相談・お問い合わせはこちら

<1階>Point1玄関横の土間

広い土間のある家

玄関から居室への動線を分ける機能を
玄関横に設けた「土間」に玄関から居室への動線を分ける機能を持たせました。
2,3階には1階の居室を介することなく、玄関から直接階段にアクセス出来るため、もしご主人の帰りが夜遅くなってしまっても、お休みになっているお母様を起こすことがありません。
また土間はゆとりのある玄関を演出し、目を楽しませてくれます。
<2階>Point2心地よい吹抜け

中庭と吹き抜けのある開放的リビング

吹抜けを通じてお互いの気配を感じる
フロアは分かれていても、吹抜けを通じて互いの気配を感じることができます。居室や水回りなどの設備を各世帯ごとに設けているため、それぞれの生活を気兼ねなく楽しむことができますが、お施主様が外出する際にはお母様に留守番をお願いすることが出来たり、お母様の様子をふとした時に確認することも出来たりと、互いの暮らしの安心を支えあうことの出来るつくりになっています。

まずは建築家作品集のご請求を 資料請求はこちら 高いデザイン性、耐震性、省エネ住宅のことならテラジマアーキテクツへ

テラジマアーキテクツで二世帯住宅を建てられたお客様の声

世田谷区SH邸『回廊が家族をつなぐ家』

自然光が差し込む壁一面窓のリビング

「テラジマさんで建てて頂いた自宅は、本当に快適です。
同世代の友人からは子世代との同居で色々な悩みを抱えているという話も聞きますが、私は何も不自由がありません」
そう話してくださったのは、82歳の元気でオシャレなお母様。

テラジマアーキテクツの見学会や作品集でも度々ご協力頂いているSH様邸は、完全同居型の二世帯住宅です。
今回、改めてお時間を頂き「二世代同居」についてお話をお伺いしました。

SH様ご家族は以前も同じ土地で、二世帯住宅にお住まいでしたが、以前のご自宅は、同じ二世帯住宅でも完全分離型。
建てた当初はお父様もご健在で、お施主様の妹様もご結婚前でご自宅にいらっしゃったこともあり、それぞれの生活に配慮する形での同居でした。

しかし、建てられてから数年後。
妹様がご結婚した直後に、お嬢様のご結婚を安心したかの様にお父様が逝去され、お母様は同時期に二人のご家族と離れて暮らすことになりました。
その後、お母様はおひとりで一階で暮らすようになり、大変寂しい思いをされていたそうです。

「おふくろにもう一度快適な生活をさせてあげたいんだ。」
住み慣れたご自宅の建て替えを強く反対されていたお母様の気持ちを変えたのは息子さんであるお施主様のこの一言でした。
それまでの完全分離型の生活では、一つ屋根の下と言えどお施主様も多忙の為、1カ月全く顔を合わせないことも多くあったそうです。
同居にもかかわらずその状況では、お母様の変化にも気付いてあげられないのではという気遣いと、お孫さん世代であるSH様のご子息様にこの土地を継がせたいと言う思いもあり、今回、完全同居型へと建て替えを決められたそうです。

いざ新居を建てようと決めてからテラジマアーキテクツへたどり着くまで、SH様ご夫婦は、毎週のようにハウスメーカーの展示場へと足を運ばれていましたが、テラジマアーキテクツが他のハウスメーカーと決定的に違ったのは、お母様の生活と線を引かないプランの提案であったとのこと。
「2×4という工法のせいなのか、どこのメーカーにも同じ要望を伝えているのに、ハウスメーカーでは母のエリア、私たち家族のエリアと区切って提案されたんです。
でも私たちが求めていたのは家族の繋がりを大切にした家でしたので、テラジマアーキテクツさんのプランが一番理想にあっていました。」
「実際住んでみて、意識せずとも家族の気配を感じることができる設計に驚いています。二次元の図面では想像できなかったことです」
とSH様はおっしゃいます。

回廊で別れる二世帯住宅

ウッドデッキのある中庭

まずは建築家作品集のご請求を 資料請求はこちら 高いデザイン性、耐震性、省エネ住宅のことならテラジマアーキテクツへ

Project テラジマアーキテクツの家づくり

このページの先頭に戻る

二世帯住宅・同居暮らしの間取り、施工事例をご紹介。生活スタイルや住まいへのニーズもことなる世帯が同居することによる心配ごとを、何度もヒアリングを重ねることでご家族の構成やライフスタイルに最適な間取りを設計し解消します。注文住宅だからこそできる、ほどよい距離を保ちながら、間取りや設備でお互いの生活が干渉しすぎない工夫、今後のリフォームを考えたメンテナンス性も重要です。完全分離型・部分同居型の二種類の間取り・施工事例をご紹介します。

二世帯住宅・同居暮らし