「光と風」都市の家づくりなら TERAJIMA ARCHITECTS

建築実績

アウトサイドリゾートハウス

都心の角地にあるゆとりある敷地を有効に活用し、いたるところに日常生活のなかでリゾートを感じるアウトサイドスペースを設けた、明るく開放的な住まいです。リビングの大きな開口の先のウッドデッキは、高く外壁を設けプライバシーにも配慮しています。

竣工
2017年11月
場所
東京都目黒区
敷地面積
183.87 ㎡
延床面積
211.16 ㎡(63.87坪)
基本性能
耐震構法SE構法・外断熱の家

団らんの中にも自由が生まれるLDK

階段を登ると視界に広がるリビングルーム。1フロアでもダイニングキッチンとリビングを分けることで、ひとり一人が自由な時間を楽しめるような空間に。吹抜けの中にあるウッド素材の間仕切りは、白い空間を効果的に引き締めます。ダイニングキッチンは壁面に収納棚を設置し、多くの調理器具や食器を収納することが可能です。棚は壁と一体化させているので、空間を狭く感じません。

廊下に開放感を与える大開口

中庭をのぞむ階段横の大開口。壁ではなく大きく開口をとることで開放感あふれ、また中庭に差し込む光が室内を明るく照らしてくれます。

リゾートを感じられるリビング

大きな開口の外にはウッドデッキを設け、日常生活の中でリゾートを感じられる空間にしています。デッキには高い壁を設け外部からの視線を気にせず、カーテンいらずに過ごせるリビング。

広々作業のできるスペース

リビングの一角にワークスペースを配し、家族の気配を感じつつ勉強や作業も可能です。

くつろぎを与えるウッドデッキ

リビング横には、ウッドデッキを設け プライバシーを守る壁にはくり抜き窓を作って圧迫感を軽減。ソファとテーブルを置いて日中は日光浴、夜は星空を眺めるリラックスした時間を過ごせます。日差しの強い日や雨天には、可動式のオーニングが活躍します

loading