SE構法 (工法)/重量木骨

重量木骨プレミアムパートナーのテラジマアーキテクツ

SE構法(SE工法)という技術で建てられる重量木骨の家。
数多く存在している、SE構法登録施工店のなかでも、厳しい検査をパスして選ばれるのが「重量木骨プレミアムパートナー」。テラジマアーキテクツは安心のSE構法(SE工法)「重量木骨の家」で、耐震性、耐火性に優れた注文住宅をお客さまにご提案しています。

木造住宅で高い耐震性「重量木骨の家」

SE構法とは?各社まちまちな耐震性

現在の建築基準法では、木造2階建て以下の住宅は「説明補足」をしなくても良いことになっています。
そのため、耐震性は各社でまちまち。法律違反ではありませんが、耐震性を科学的に検証するレベルに至っていない住宅が横行しているという事実があります。

SE構法(SE工法)の家は構造体に「ゆがみ」なし

阪神大震災並みの震度7。新潟中越地方を襲った地震はまだ記憶に新しいところです。この大地震が、はからずもSE構法の耐震性の強さを証明することとなりました。
周辺の木造住宅の倒壊率が90%という場所でさえ、残っていた木造3階建てのSE構法(SE工法)の住宅は、大きな損傷もなく、建具の動きにも支障がないほどだったのです。

SE構法総会で講演

中越地震にも耐えたSE構法(SE工法)

「重量木骨の家」を全国標準に

吹き抜けやコートヤードなど、開放感あるデザインが特徴のテラジマアーキテクツの家。開口部が大きいからといって耐震性を犠牲にすることは絶対にありません。きちんと構造計算を行って造りあげるSE構法(SE工法) 「重量木骨の家」は、驚くほどの高強度。
SE構法(SE工法)は、住宅性能表示制度では、耐久度数で最高ランクの3。高度な耐震性を保持しつつ、大空間、大開口、吹き抜け、屋上バルコニーなど、一般在来木造や2×4工法では困難な大空間を実現します。
テラジマアーキテクツは、このSE構法(SE工法)を全国標準としているのです。

SE構法現場レポート

重量木骨プレミアムパートナー

重量木骨の家は、 SE構法(SE工法)という建築工法技術でつくられています。テラジマアーキテクツは「重量木骨プレミアムパートナー」。
これは、SE構法登録施工店のなかでも、いくつもの厳しい検査をパスした会社だけが選ばれるもので、SE構法登録施工店が全国に約400社あるなか、重量木骨プレミアムパートナーは約70社。東京都内では、わずか8社しかありません(2006年5月現在)。
「重量木骨の家」と認定された住宅には、その証として「重量木骨の家 SE構法性能報告書」と「重量木骨の家」のプレートが発行されます。

まずは建築家作品集のご請求を 資料請求はこちら 高いデザイン性、耐震性、省エネ住宅のことならテラジマアーキテクツへ

このページの先頭に戻る